白緑ωガイドライン

読み方はご自由に。医学や雑学やライフハックなど。「こいつ”使える”な」と思われるような記事を書いていきたいです。

S:Wacom One 買っちった

 

 

f:id:kmshzr_im:20200607210643p:plain

 

第一号。ちょっとした加筆修正をできるようになったぜ!

 

 

さて、なぜ購入に至ったのか、備忘録として記事にします。

 

まず、国からの給付金。10万円が振ってくるので、使い道を探していました。次に、解説系の創作をするときに手書きで図を描きたいと思っていたこと。あとは、仕事をしていてペンタブって楽だなと感じていたこと。

 

これらがあいまって、えいやあっと購入を決意いたしました。

 

では、何を買うか。相場がわかりませぬ。こういうときに試金石となるモノを手にしていると便利ですよね。

 

 

f:id:kmshzr_im:20200607211800p:plain

DTK-2451/Medical DTH-2452/Medical|医療用ペンタブレット・電子サインのWacom(ワコム)

 

 

見つけました。これですこれです。おいくら万円かな~?

 

 

f:id:kmshzr_im:20200607211959p:plain

【楽天市場】ワコム WACOM 23.8型液晶ペンタブレット DTK-2451/MEDICAL | 価格比較 - 商品価格ナビ

 

 

20万!? うせやろ!!?笑

 

 

とりあえず上限が決まりました。これを元にしGoogle先生に聞いてみましょう。

 

 

www.youtube.com

 

とても参考になりました。専門特化型Vtuber助かる。

 

ペンタブには板タブと液タブとの2種類があり、私がイメージしていた「画面にそのまま書けるやつ」は液タブこと液晶タブレットとわかりました。

 

そして、液タブは一見スマホタブレットのようですが、あくまで「マウスの代わりにペンで操作できる機能がついたモニター」なのですね。液タブを使うならパソコンは必須と。

 

板タブは操作が難しいとのことで、上記動画では液タブかiPadがオススメとまとめられていました。

 

さてどうするか。手持ちを確認したところ、すでに所持してる液晶端末が多いので、iPadは候補から取り下げました。

 

 

 

理想としては、ノートPCで文章を書きながら、画像を液晶タブレットで編集して、それとは別に大画面で作業用BGMや動画を流すという環境にしたいのですね。しかし、液タブもHDMIと電源とが必要なため、HDMI端子が一個しか無い自分のノートでは厳しそうです。

 

Chromebookでもタッチペンを使うことでお絵かきは可能なのですが、独立した端末のため、メインPCで作業中にちょっとお絵かき作業したいと思ったときに、電源をつけて~タブを同期させて~といったふうに環境をいちいち整えないといけないため、つらみがあります。

 

やっぱり、液晶タブレットを買いましょう。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

実際に使ってる人の意見、ありがたや~😂

 

液晶タブレットに絞ったとて、種類はさまざま。どれにしよう、これにしよう、いやあれにしようと悩んでいたら、第一候補が在庫切れになってるではないですか!

 

 

 ※2020/06/07時点では在庫復活してました…怒

 

 

これは急がねば! ということで、先より一個下のエントリーモデルであるこちらを購入したわけです。信頼のWacom。イラストを描くわけでもないし、大きさもこれくらいで十分でしょう、などと自分を納得させながら。

 

 

 ※2020/06/07時点では在庫切れてました…焦

 

 

なんですかね。テレワークで需要が高まったのか、私のように給付金で買おうと狙っていた人が多いのか。ともあれ、満足な買い物でした。ご満悦。

 

 

 

こんな図をTwitterやブログに載せることができるようになったぞ!

 

 

次はどのソフトを使ってお絵かきや画像編集をしていくかですが、それはいろいろ試し試しでやっていきましょう。

 

今後のぐら子先生の展開に乞うご期待だ!

 

 

 

 

 

 

2020/06/07 約3100字 執筆時間:60min

 

 

▼ペンタブ関連ツイート集

 

 

▼関連記事

kmshzr-im.hatenablog.com