白緑ωガイドライン

医学、雑学、ライフハックなど。「こいつ”使える”な」と思われるような記事を書いていきます。読み方はご自由に。

合成音声はロービジョンの眼となるか?

当ブログは東北ずん子を応援しております。

 

最近、合成音声の話題がHOTです。

 

 

今まであまり気づいていませんでしたが、視力に障害がある人にとって音声合成技術ってかなり手助けになると思うんですよね。

 

たとえば、デジタルロービジョンケアといって、スマホの音声読み上げ機能を活用し尽くす試みがあります。

www.kateigaho.com

 

 

つまり、私が今まで投稿してきたこれらと、

 

これら。

 

 

つながるわけです。全く別のジャンルと思ってたものに架け橋がかかる瞬間でした。

 

というわけで、今回は合成音声についての話題を集めてみました。

 

 

▼目次

キーワード:音声、合成音声、音声合成、歌声合成、読み上げ、ボイス

 

 

f:id:kmshzr_im:20210808180003p:plain

 

 

 

読み上げソフト

既にまとめてくださってる方がいるので、そちらを参考に。

amanokei.hatenablog.com

 

 

 

VOICEVOX

つい先日、発表されたのがVOICEVOXです。「無料で使える中品質なテキスト読み上げソフトウェア」が売りです。

voicevox.hiroshiba.jp

 

 

 

www.dtmstation.com

forest.watch.impress.co.jp

gigazine.net

 

 

 

 

 

 

 

ITAコーパス

音声合成をする上で基礎となる読み上げ文を「お金も、権利も完全フリー」にしたのがITAコーパスです。VOICEVOXの開発にも使われたとのこと。

 

www.itmedia.co.jp

 

 

 

vocafro.hatenablog.com

 

ITAコーパスは、以前に東北イタコのボイスロイド化へ向けたクラウドファンディング資金によって開発されました。こうやって技術として還元されていくのってすごく素敵じゃないですか。

 

あ、そうか。イタコだからイタコーパスなのか!!!!笑

 

 

CoeFont

これは別のところから今年発表された音声合成サービスです。ソフトではなく、Webブラウザで使えるってところが売りですね。

www.itmedia.co.jp

nlab.itmedia.co.jp

 

CoeFontで画期的なのが、「誰でも合成音声になれる」試みです。作られた合成音声は、ルールを守れば誰でも使えるよう。今まであまり供給のなかった男性の声も複数みられたので、表現の幅が広がりそうです。

 

coefont.cloud

prtimes.jp

 

 

 

km4osm.com

 

 

ボイスチェンジャー

次に期待されているのがボイスチェンジャー技術です。地声に抵抗がある人、身バレなどが怖い人など向けに需要が高まっています。まだ実装はされてませんが、開発の動きはあります。

www.itmedia.co.jp

gigazine.net

 

 

日常に溶け込む合成音声

km4osm.com

 

福祉的な使い方のほかにも、実はいろいろ使いどころがあります。

電車内など騒音が激しく声も出しにくい場所でSiriを使うとき、読唇術ができれば映像だけで問題なく認識してもらえますよね。会議を文字起こししたいとき、音声認識だと声がかぶったところの認識ができなくなりますが、読唇術なら問題なく同時並行で処理できます。音声のない歴史資料から音声を再現するのも口が映っていれば可能ですね。活用範囲は結構広いです。

 

 

 

 

 

 

 

歌唱ソフト

既にまとめてくださってる方がいるので略

km4osm.com

 

 

VOCALOID

初音ミク」さんに代表される、いちばん有名な歌唱ソフトですね。東北ずん子もボカロの一人ですよ。

 

CeVIO AI

ほんのつい先日「さとうささら」がリリースされました。トークもソングも対応とのこと。個性が感じられますね。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

NEUTRINO

n3utrino.work

 

 

 

そのほかの話題

km4osm.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デジタルロービジョンケア

視覚に障害があるからこそ、スマートフォンを有効活用していこうという試みがあります。

spot-lite.jp

両RDで失明した方。

AndroidiPhoneiPadの違いについてです。私が活動を始めた当初は、iPhoneiPadに内蔵されているVoiceOverが視覚障害者にとって使いやすいと感じていました。
現在は、AndroidのTalkBackという音声読み上げ機能も使いやすくなっていますが、アプリはiPhoneiPadにしか対応していないものも多くあります。

 iPhoneが優れているところはココ。

 

pc.watch.impress.co.jp

Microsoftは12月3日、視覚障碍者向けトーキングカメラアプリ「Seeing AI」日本語版をiOS向けに無料で提供を開始した。

 Seeing AIはスマートフォンのカメラを介し、周囲の風景を認識したり、レストランのメニューを読み上げたり、近くに誰がいるかなどを音声で知ったりすることができるアプリ。

 

 

 

 

 

mikury.jp

 

 

 

点字ブロック

www.j-cast.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルフレジの是非

 

 

 

「声」って大事。

 

 

 

日記

 

2021/08/07 約11800字

 

 

関連記事 

 

 

 

kmshzr-im.hatenablog.com

 

*1:o(*´∀`*)o

*2:o(*´∀`*)o

*3:o(*´∀`*)o