白緑ωガイドライン

医学、雑学、ライフハックなど。「こいつ”使える”な」と思われるような記事を書いていきます。読み方はご自由に。

皮膚の話

朗らかな皮膚とて

 

朗らかな皮膚とて不服

朗らかな皮膚とて不服

  • 発売日: 2020/08/03
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

不服ではありませんが、このツイートを御覧ください。

 

 

▼関連記事
kmshzr-im.hatenablog.com

 

kmshzr-im.hatenablog.com

 

眼科、皮膚科の先生から貴重なコメントいただきました。なんともない人のほうが大半なので強制的にってのも難しいですし・・・。悩みどころさんです。

 

2019年の既報ツイート。まだまだ啓蒙が足りませんね。

 

 

というように、私の真面目寄りツイートが珍しく衆目を浴びてしまったので、責務を感じ取り急ぎ関連ツイートをまとめて記事にしました。

 

 

▼目次

キーワード:皮膚、皮ふ、皮フ、アトピー、スキン、肌、保湿、ヘルペスステロイド緑内障、眼圧

 

 皮膚の断面のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

 

皮膚と眼

皮膚科医デルぽんのデルマな日常

皮膚科医デルぽんのデルマな日常

  • 作者:デルぽん
  • 発売日: 2020/07/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 上記ツイートに至るきっかけはこの本を読んだこと。良書です。漫画扱いなので安い。

 

 秘密です。

 

 

 

 見た目じゃわかりません。

 

うーーーーーむ。

 

マイナー科のなかでも眼科は最たる例で、「眼だけはわからない」と「眼だけはわかる」の需要と供給ですね。眼に異常はないと言い切れる覚悟が必要。

 

かといって、「眼しか診てなかったのでなんか全身悪化させちゃいました」はクズなので内科的知識も当然必要。領域を侵害しない範囲で備えたい。

 

 

 

アトピー性皮膚炎は眼科疾患!(?)

lifehack-by-a-young-eye-doctor.net

 

 「掻爬による刺激」も積み重なれば眼に負担となります。眼科医にとってアトピー性皮膚炎は警戒の対象です。

 

 2020年、2冊の本が世に出回りました。勉強させてもらっております。

 

しかし、Amazonレビューをチラ見するだけでこの業界?の根深さが読み取れますね……。

 

アトピー性皮膚炎って情報の迷宮なんですよ。ちゃんとした皮膚科医の書いた記事でも言ってることがバラバラ。脱ステ論についても、患者をエサにしようと企む悪い意志なのか、本心から患者を良くしたい医師なのか、医療知識がある自分が読んでも何が正しいのか分からなくなるもん。

 

 

 乾癬をアトピー性皮膚炎と置き換えても全く同じですね。

 

これは信頼性ありそう。塗ってる軟膏が足りないとはよく言われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうなんでしょう。日本アトピー協会という団体への信頼性もわかりませんし・・・。

 

最後まで読んでほしい。

 

 

 

帯状疱疹、眼は任せて。

若者にも増えてるという帯状疱疹、痛いらしいですね。基本的に皮膚科におまかせですが、眼にも病変をきたすことがあるので確認させてもらう機会は多々あります。

 

 

 

 

熱傷の原因は白内障

 

上のツイートに対し、私見ですが…

エビデンスとして論文を引っ張ってこれないの恐縮ですが、こんなの熱傷歴を尋ねる眼科医や白内障手術歴を尋ねる皮膚科医がいないと症例集められんて。 

 

いちおう眼科医に言及されたらしいネット記事はあります。

gentosha-go.com

 

 

皮膚のお勉強

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肌の先生たち

 

 

 

 

サイコでごめんね。

 

一種の職業病?

 

 険しい問題。

 

 

 

 

 

 

皮膚を大事にしような!

 

 

2021/04/30 約12900字

2021/05/24 少し追加 約13000字

 2021/06/11-12 いくつかツイート追加 約13800字

 

 

関連記事

爪も皮膚科の範疇です。

 

 

医療漫画シリーズ

 

 

頭頸部シリーズ

 

kmshzr-im.hatenablog.com

kmshzr-im.hatenablog.com

kmshzr-im.hatenablog.com

kmshzr-im.hatenablog.com